もやいハウス

熊本災害支援「もやいハウス」

【もやいハウスとは】
熊本地震の震災直後、日本各地から沢山の支援者が熊本に集まりました。しかし半年という月日が経つ頃には、少しずつ「支援の力」が減っていると感じられました。

災害地では、震災から復興まで長い期間「支援の力」が不可欠です。そのため、少しでも細く長い支援活動を展開することが、被災地の力になると考えています。そこで、支援の方々(団体・個人も含む有志の方々)の拠点、地域住民との交流の場になって欲しいと願い「もやいハウス」を運営しています。

また遠方からは用意が難しい資機材(機材、木材など)等も用意する事で活動を行う団体やプロジェクトのサポートを行っています。団体などの枠組みを超えて同じ支援者として、熊本を支援できるような体制を作っています。もやいハウスを宿としてだけ活用する、もやいハウスの他のメンバーと一緒に地域コミュニティ支援のお手伝いをする、など色々と活用してください。

【もやいハウスの様子】

dscn5891 dscn5890 dscn6457 dscn6269 dscn6317 dscn6281 dscn6343 dscn6846 OLYMPUS DIGITAL CAMERA dscn6794 dscn6871 dscn6810 dscn6811 dscn6969

 

【活動範囲】

熊本地震で被害の大きかった益城町・西原村・南阿蘇村(立野地区)を中心に市 町村の垣根を越え熊本県内で支援活動を行っています。

【活動内容】

dscn6599 dscn6149  dscn6951 dscn6599  dscn6625  dscn6673  dscn6866

地域コミュニティ支援プロジェクト完2 

・他団体活動(プロジェクト)の応援・サポート

・地域のイベントなどのお手伝い

・災害NGO結が行っている「地域コミュニティ支援プロジェクト」のサポート

・支援者の宿泊支援 など

%e3%82%82%e3%82%84%e3%81%84%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9fb%e3%80%80

 

もやいハウスのFacebook→こちら

【活動参加方法】

活動に賛同し活動を考えている方は一度メールでのご連絡をお待ちしています。お気軽に運営サポートの災害NGO結に連絡を頂ければ幸いです。メールアドレス→saigaimgoyui@gmail.com

 

【運営】

災害NGO結をはじめ、熊本地震で支援活動を行っている団体・個人などの有志で運営しています。また沢山の方々の「おもいやり」を運営資金に充てさせてもらっています。

titlelogo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です