Category Archives: 活動報告

124月/14

にんにこてん

1507750_10201461264406091_6170280824287477083_n【トークセッション】

4月11~13日に「にんにこ和歌山」さんが主催する「にんにこてん」の最終日にトークセッションとしてこの3年間の災害支援に関わって来た事から感じる自然との付き合い方など 以前お世話にたった那智勝浦町の区長さんを始め和歌山医大の学生、和歌山大の学生など交えて防災の事などお話したいと思います。興味のある方 是非足をお運びください。会場でお会い出来る事を楽しみにしています。

 

日時:2014/4/13 13:30~

場所:和歌の浦アート・キューブ

 

044月/14

2014年3月活動費

4月から動き出す(大島~東京~関西~九州までの)移動費や大島でのガソリン代などの交通費を始め、携帯やネット環境などで使う通信費や長い間お部屋をお借りしてお世話になっている地元の方への謝礼など、沢山の方々の想いを使わさせて貰い活動させてもらいました。

本当にありがとうございます。
Continue reading

034月/14

Kirokuプロジェクト

「阿蘇の7.12災害の記録を未来に残そう会」から発足した記録集制作プロジェクト。 災害から半年後の4月から災害の記録(写真、体験談)を大学生やボランティアのメンバーで現場を歩き集め、その記録を未来に残す為に被害に遭った家屋の廃材(瓦礫)を頂き、加工して作った「KI-ホルダー」や「ボランT」などを作り制作費の集めながら、今年の2年前の7月に向けて有志で記録集を制作する企画。
kiroku2DSC00430  268923_605246136155192_1219669812_n

1610月/13

大島土砂災害

大島伊豆大島土砂災害

発災日時:2013.10.16

概要:16日明け方に伊豆諸島北部を通過、同日午前中に房総半島東岸をかすめ、同日15時に三陸沖で温帯低気圧に変わった台風26号。気象庁は15日午後より、関東地方に接近・上陸する台風としては「10年に一度の強い勢力」として警戒を呼びかけた。この台風によって、伊豆大島では土石流により甚大な被害が発生した。

人的被害:死者 36名  行方不明 3名 負傷者 22名

家屋被害:全壊 137棟  大規模半壊 28棟  半壊 49棟  一部損壊 186棟

被災人数:179世帯 324人 (仮設入居 32世帯 76名)

 (抜粋:ウィキペリア国土交通省

災害支援活動

活動場所:伊豆大島町

活動期間:2013.10.17~2014.4.7

活動内容:情報収集、災害ボランティアセンターの立ち上げ・運営サポート、現場コーディネート、個別訪問の活動への提案、福島保養キャンプ(復興支援企画)

災害の被害、活動の様子をこちらのページに搭載しています。→災害NGO結のFacebook

※災害を忘れず、防災に役立てて欲しいと願い搭載させて貰いました。ご了承ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【緊急支援】

災害が続いた平成26年の秋 台風26号の動きと共に台風18号の被害を受けた滋賀県から北上して岐阜で台風26号の動きを確認しながらの待機、大島に大きな被害が出た情報が飛び込んできた為、16日の夜の船に飛び乗り、翌朝から情報収集と避難所訪問、地元の大島町社会福祉協議会のサポートを行い、災害ボランティアセンターの立ち上げのサポートをさせて貰い、現場では災害支援の経験者が数名いた為、「エリアマネージャ」を作り、現地を走り周りながら細かな調整、安全確保等を行う仕組み作りを作り。また 復旧活動の後の長きに渉る復興活動の事を考え、島民を中心の支援の形をサポートしながらも生活支援の活動に入っていく流れのサポートをさせて貰いました。

【復興企画】

発災した翌年(2015年)の夏に災害支援仲間でもある「Seeds of hope」と企画した「福島&大島キッズ☆アドベンチャー」では、春の間に大島の地域を始め災害直後に立ち上がった団体(shimile)の方々にご相談させて貰い、一緒になって企画させてもらいました。

※当時の様子を描いたブログや情報発信はこちら→トム吉の災害支援ブログ前原土武の災害支援ブログパート2大島町災害ボランティアセンターのFacebook、seeds of hopeのHP「福島&大島キッズ☆アドベンチャー

117月/12

九州北部豪雨

九州北部豪雨九州北部豪雨

発災日時:2012.7.11~14

概要:7月11日から14日にかけて,本州付近に停滞した梅雨前線に向かって南から非常に湿った空気が流れ込み,九州北部を中心に大雨となった。

熊本県阿蘇市阿蘇乙姫では,7月11日0時から14日24時までに観測された最大1時間降水量が108.0ミリ,最大24時間降水量が507.5ミリとなり,それぞれ観測史上1位の値を更新した。この豪雨について,気象庁は「平成24年7月九州北部豪雨」と命名した。

この豪雨により,死者30名,行方不明者2名及び負傷者27名の人的被害が発生した。特に,熊本県阿蘇市では土砂災害等により21名の死者が発生した。また,住家被害としては,福岡県,熊本県及び大分県を中心とした18府県で,住家全壊363棟,住家半壊1,500棟,住家一部破損313棟,床上浸水3,298棟,床下浸水9,308棟等の被害が発生した。(一部7月1日からの大雨による被害を含む。)避難指示は,4県で10万1,406世帯に,避難勧告は,8県で12万8,112世帯に出された。また土砂災害は,17府県で268件が発生した。

人的被害:死者 30人 負傷者 27人

家屋被害:全壊 363棟 半壊 1.500棟 一部損壊 313棟 床上/床下浸水 3298棟/9308棟

(抜粋:内閣府防災ページウィキペディアより)

災害支援活動

活動場所:熊本県阿蘇市(南阿蘇村)

活動期間:2012.7.13~2013.7.28

活動内容:現場コーディネート、ボランティア団体(阿蘇災害ボランティアベースZEN)サポート,募金活動の企画(1ZENのお返し)、記録集制作Kirokuプロジェクト

災害の被害、活動の様子をこちらのページに搭載しています。→災害NGO結のFacebook(緊急支援)(阿蘇災害ボランティアベースZEN)(1ZENのお返し

※災害を忘れず、防災に役立てて欲しいと願い搭載させて貰いました。ご了承ください。

DCIM5443 DCIM5447 DCIM5961 IMGP8744 P1000058  DSC_0011  IMGP1360 1798925_744140915599046_278726681_o 10383740_809374442409026_4410156557518326252_o

【緊急支援】

発災時、岩手県から和歌山市内に「伝える活動」(講演)の為、訪れていた私。「九州北部豪雨」の情報が聞き、災害支援仲間から車をお借りして13日に熊本県阿蘇市入り後、被害状況の把握と情報発信を行いつつ、復旧作業を開始。発災直後という事もあり、避難勧告が解けていない坂梨、古城地区ではボランティアの数も足りず復旧の遅れが見えた為、主に坂梨・古城地区の土砂崩れたが多かった地区を中心に支援を開始。また「阿蘇市災害ボランティアセンター」閉所後の9月以降は 地元(熊本県内)のボランティア有志が集まり被害の大きかった地区でこれからも災害復旧のお手伝いを行いたちという事で「阿蘇災害ボランティアベースZEN」を立ち上げた為、そのサポートやアドバイス等をさせて貰いながら地域の方々と共に寄り添いながら進めていく事をキーワードにお手伝いさせてもらいました。

【復旧支援】

また農業が盛んで田んぼに囲まれた古城地区では田んぼの被害も多く、稲は助かったモノの流木等が入り農機具を入れる事が出来ず諦める住民が出て来た為、手刈りのお手伝いをする農地ボランティアなどのお手伝いもさせて貰いました。 その際感謝の気持ちで住民から頂いた沢山の貴重なお米があり、それを使わせて貰い日本各地で募金活動「1ZENのお返し」をさせて貰いました。

【防災】

また土砂災害という事もあり長期関わる体制を整えつつ、災害を記録を集め記憶に残す事が防災に繋がると考え記録種の作成を企画(”Kiroku”プロジェクト)し熊本県内の大学生などにご協力いただき、災害復旧に関わった阿蘇市の行政を始め、関係機関、住民、ボランティアなど約26人の方々の声を集め阿蘇の九州北部豪雨の記録集を発行(購入可能)させてもらいました。

※当時の様子を描いたブログや情報発信はこちら→トム吉の災害支援ブログ阿蘇災害ボランティアベースZENのブログ”Kiroku”プロジェクト

【活動の紹介】

ScreenShot_20150511232341  広報あそ

2013年8月号広報「あそ」で”Kiroku”プロジェクトの事や災害支援の事など紹介してもらいました。 広報あそのデータはこちら→広報あそ8月号

065月/12

つくば竜巻

つくばつくば竜巻被害

日時:2012.5.6 12:35頃

概要:日本の上空約5500メートルには、氷点下21度以下の強い寒気が流れ込んだ。一方、津軽海峡付近には低気圧があって、東北東に進んでおり、東日本から東北地方の太平洋側を中心に、この低気圧に向かう暖かく湿った空気が流れ込んだ。
• このため、東海地方から東北地方にかけて大気の状態が非常に不安定となり、落雷や突風、降ひょうを伴う発達した積乱雲が発生した。

人的被害:死者 1 負傷者 37

家屋被害:全壊 76 半壊 158 一部 388

 (抜粋:消防庁災害対策室のHP(H24.6.13)より)

災害支援活動

活動場所:つくば市北条地

活動期間:2012.5.6~5.30

活動内容:被害状況の把握、現地コーディネート

災害の被害、活動の様子をこちらのページに搭載しています。→災害NGO結のFacebook

※災害を忘れず、防災に役立てて欲しいと願い搭載させて貰いました。ご了承ください。

IMGP5932 DCIM3805 DCIM3546 - コピー IMGP5940 DCIM3971 DCIM3684 DCIM3575 DCIM4047 DCIM4018

東北は石巻にいた私 竜巻発生の情報が入ったので 情報収集がてら一度「OPEN JAPAN」に顔を出し共有を行い、「紀伊半島大水害」の際も共に行動を行った仲間と随時情報を取りながら各自各災害地へ 被害の大きかったつくば市に入った情報があったので 一人他の災害地(茂木町、益子町)を周りながら発災翌日の7日の夕方につくば市入りし、現地で仲間たちと合流し支援活動開始。 また、つくば市内の被害状況を把握をしながら、主に被害の大きかった「北条地区」を中心に復旧支援の開始。また翌々日から続々集まるボランティア有志を少しでも調整する事が現地での混乱がさけ、復旧に大きな力になると考え、自転車を使い走りながらの調整役をさせて貰いました。週末には200人を超える有志が集まって来る様になり、大まかな復旧作業が落ち着いた後も少し残り、被害に遭われた方々の訪問活動などし最後は使用した資材等の片付けなどさせて貰いました。

※当時の様子を描いたブログはこちら→トム吉ブログ

099月/11

2011年3月 東日本大震災(仙台市)

東日本大震災で被害を受けた仙台市の宮城野区に入り、災害ボランティアセンターに行き支援活動を開始。
被害の大きかった岡田地区に入り被害状況の把握、サテライトの立ち上げサポート、仕組みづくり、運営をサポートしました。

沖縄県出身で、東北各地で震災復興などのボランティアを続けてきた前原土武さん(33)は、ボランティアセンター運営のサポートにも意欲を見せる。「ボランティアに繰り返し来たいと思うリピーターを増やすことで、ボランティアのレベルも上がり、活動もスムーズになる」と語る。

「がれきの撤去」ではなく、被災者の「思い出探し」と捉えるなど、ボランティアの意識を変える考え方、機材の効率的な使い方など、豊富な経験を生かしたアドバイスで、ボランティアの力を底上げしようとしている。

297月/11

新潟・福島豪雨災害

新潟・福島豪雨 新潟・福島豪雨災害

発災日時:2011.7.26~30

概要:前線が新潟県付近に停滞し、高気圧同士の間に日本列島が挟まれ、同県下越地方西部や中越地方北部に日本海から発達した雨雲が次々と流れ込み、1時間に100ミリ前後の猛烈な雨がほぼ同じ場所で降り続いた。なお、この前日には朝鮮半島でも豪雨の被害が出ている。新潟県・福島県は政府激甚災害指定を要望した

人的被害: 死者4人  行方不明2名  負傷者7人

住宅被害: 全壊18棟  半壊1棟  床上・床下浸水7000棟程

 (抜粋:ウィキペディア)

災害支援活動

活動場所:金山町(西谷、橋立、越川、横田、西部地区)

住宅被害:全壊 23、大規模半壊 33、半壊 29、床下浸水 19

活動日時:2011.8.4~9.2

活動内容:災害ボランティアセンターの運営サポート、現地コーディネート

被害、活動の様子(一部下記に抜粋)はこちらから→災害NGO結のFacebook

※災害を忘れず防災に役立て欲しいと願い写真を投稿させて貰っています。ご了承ください。

IMGP4115 IMGP4121 IMGP4097 IMGP4171 IMGP4247 P118278426_金山町ボラセン IMGP4382 IMGP4149 IMGP4288

被害を受けた金山町では「金山町社会福祉協議会」が中心となり災害ボランティアセンターを立ち上げたのですが、運営に関わるのスタッフの数も少ない事やまた地域には高齢者の方の数が多いと言う事もあり金山町の情報を聞き、長期滞在できる私は災害ボランティアセンターの運営のサポートや現場での調整役をさせて貰いました。 金山町では被害を受けた地域(西谷、橋立、越川、横田、西部地区)に長期活動出来るボランティアの方にお願いし、現場で地域の方との調整役に現地リーダーになってもらいながらリーズーの拾い上げと細かな調整を行い、現場を走り全体の調整を行わさせてもらいました。

※当時の様子を描いたブログはこちら→トム吉ブログ

 (被害状況は金山町役場のHPから抜粋)

113月/11

東日本大震災

無題 東日本大震災

発災日時:2011.3.11 14:46:18

概要:宮城県石巻市牡鹿半島の東南東沖130km、仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源地地に規模はM9.0 岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200キロメートルの広い範囲での震源域。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測した。

人的被害: 死者 15.891人  行方不明者 2584人  重軽傷者 6,152人

家屋被害: 全壊・半壊合わせて403,621戸

(抜粋:ウィキペディアより)

災害支援活動

活動場所:仙台市(宮城野区)、その他

活動期間:2011.3.20~8.3

活動内容:災害ボランティアセンター運営サポート、サテライト立ち上げ、現場コーディネート

災害の被害、活動の様子はこちらで写真を載せています。→災害NGO結のFacebook(仙台市)(他の宮城県内)(Wa-shoi 2011

※災害を忘れず、復興への歩みに結び付けて欲しいと願い写真を掲載させて貰っています。ご了承ください。

IMGP3067 IMGP2988 IMGP3186 IMGP3059 IMGP3055 IMGP3183 IMGP3169 IMGP3965 IMGP4048

災害支援のノウハウもない中、国内外の旅・アウトドア生活で培ったスキルを活かし災害地で迷惑かけない様に約2週間分の食料と水を担ぎバスとヒッチハイクで東北へ向かう事から始まった災害支援。到着後は仙台市宮城野区で災害ボランティアとして現地に出向き、活動を開始。次々と出会う仲間と共に岡田地区でサテライトを立ち上げ、5月からは仙台市社会福祉協議会の臨時職員となり、現地コーディネーターとして働く。試行錯誤の上センターからのボランティアの受け入れ等が上手く周り始めた7月以降は仙台市を離れ、他の沿岸部を一人車で周りながら他の災害ボランティアセンターやNPO,団体等の活動に参加させて貰いながら色々な沿岸部での活動をさせて貰いました。

また 7月以降からは各地で出逢った関係で石巻市の「石巻災害復興支援協議会」を中心に行われた「川開き」や「海の学校 in 宮城」の方々が主催し七ヶ浜町で行われた「Wa-syoi~2011七ヶ浜の夏!~」などまだまだ復旧作業が続いている中で行われた「復興」へのイベント企画のお手伝いもさせて貰いました。