Category Archives: 2024

036月/24

5月レポート

各地で仮設住宅の建設が進み、入居も進んでいます。
避難所も閉鎖されたり、閉鎖のめどがたったりしてきました。

仮設住宅へ入居される方が増えてはいるのですが、仮設団地にお邪魔すると、まだ空室らしき部屋も目につきます。
仮設住宅にあたったとしても、引っ越しまでの準備に時間がかかるのです。
1月に申し込んだが二次避難先で賃貸を契約した、
申込みから時から状況が変わってしまた、という話も。
自宅へのライフラインや道路状況が整うタイミングによって、仮設入居を迷っている方もいらっしゃいました。

5月ごろから、仮設住宅の戸別訪問や、サロンを実施しています。
仮設団地によって、少しずつ空気が違ったりもしますが
各団地それぞれ、高齢者の方が多い印象です。
手押し車や杖を使う方も多く見られます。
立地が街中から離れているので、自力では買い物や病院に行けない方も。
「そのうち周回バスがあるとは聞いているがまだ運行されていないので、病院は誰かに連れて行ってもらわないと」

高齢社会と仮設住宅によって、移動困難が大きな課題にもなりそうです。
とある仮設住宅。高台に立地して、そこまでの坂道がかなり急なのです。そのため「仮設団地の敷地から一人では外に出られない」と話す方もいらっしゃいました。

近いといえど住み慣れた場所を離れて暮らす生活です。
「この年になってこじきになるとは思わなかった」
とこぼすおじいさんもいたとか。
今まで避難所などで上げ膳据え膳、仮設住宅で誰かに用意してもらった家に住む。日中は(多分)やることがほとんどない。
そうなると、自分の存在意義がないと感じてもおかしくないかもしれません。

できるだけ仮の生活で心がつらくならないように。
みんなでお話しする機会や場所、なにかやることや生きがいづくりのお手伝いができればなと思います。

どこも畑いじりをして生活していた方が多いのです。廃材などでプランターを作って、いろんなところで夏野菜を育ててもらえないかなと思っています。
できるだけ今までのような生活に近づけるように。

仮設住宅へ目線が向かいがちですが、避難所の避難者数も石川県全体でまだ3000人以上と言われています。
納屋で生活するような方たちはこの数に含まれていません。

心身の健康が今後も維持できるのか、
助かったものを救うために、今後も仮設住宅や在宅生活など生活形態を問わず見守りが必要だと思っています。

ゴールデンウイーク期間(4月27日〜5月6日)の広域支援ベースの活動参加者は、640名。
GWをいかして、たくさんの方が活動に参加してくれました。
GWだからこそ、家に戻って片付けが進められる住民さんもいらっしゃいました。

たくさんの人が来てくれそうなタイミングだからこそ、ニーズが調整できないという理由で活動参加をお断りしたくなかった

この能登半島には、10年後の復興期まで関わり続ける人が必要です。つまり、関係人口の確保が一つの課題です。

能登半島には、海も山も、美しいところはたくさん。
昔からある能登の良いところにも、地震をきっかけにたくさんの人が気づけばいいなぁと願います。
将来的には、復旧支援がきっかけなどで移住する人や通い続ける人も生まれるのではと見ています。

GWなどの長期休みは、関係人口を作っていくためには重要なタイミングでした。
そんな理由もあり、GWは今後の別のプロジェクトに広がる期待も込めて、ビーチクリーンも実施。

体力や技術がさまざまでも、たくさんの人が参加できる活動です。
津波でいろいろな物が押し流されてたまってしまったところや、隆起によって海にもともとあったものが見えてしまった浜など、まだ各地にお掃除が必要そうな場所はチラホラ見られます。
集めた海洋ごみを次に活かせないか?を含めて活動を考えています。

5月は、なんとなく企業さんの参加も増えてきたなぁと感じる一ヶ月でした。もちろん、災害当初からいろいろな支援でサポートしてくれる企業さんもあります。
今まで関わりなかったような企業さんからも、被災地で役立てないか、と少しご相談いただくようになってきました。

能登半島の大きな被害には、いろいろな機関の関わりが必要です。
企業として物資や資金提供で関わってもらうのはもちろん、社員のボランティア派遣や、派遣にからめて能登半島で経済を回してもらったり、期待したい役割はたくさんあります。

こうした人たちが、能登に長く関われるように、引き続き能登や能登の支援に関わるモデルケースづくりをしたいなぁと思っています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

071月/24

能登緊急支援

令和6年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」により、犠牲となられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、被災された全ての方々に心よりお見舞い申しあげます。また、被災地域の皆様の安全確保を心よりお祈りいたします。

災害NGO結は、1月2日より現地入りし、行政や各災害支援団体と連携をとり、情報収集、支援活動を始めています。被害が複数市町村にまたがって広範囲に及んでいます。

すでに多くの災害支援団体が能登半島で活動を始めています。各団体がそれぞれ持つノウハウを、被災地にスムーズに届けることを目標とし、助かった命や家などを守り、いち早く復旧を進めるためにも技術支援のできる支援者やNPOを受け入れ、その活動調整を実施します。

日々の活動はSNSにて報告しております。
1月レポート
2月レポート
3月レポート
4月レポート
コラム:「能登半島にボランティアが足りない」報道に現地で思うこと
5月レポート

奥能登を支援する、広域支援ベースにしぎしについてはこちら

今回の災害においても皆さまからのお気持ちを大切に、しっかりと支援に結び付けていきたいと思います。どうぞご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

Syncable(シンカブル) シンカブルより、色々な方法でご支援いただくことが可能です。詳しくはシンカブルのサイトより確認をお願いいたします。現在、能登半島地震支援寄付プロジェクト実施中です https://syncable.biz/associate/saigaingoyui/

 

振り込み

銀行からのお振込での支援は、下記よりお願いいたします。
その際、大変お手数ではございますが入力フォームよりご連絡先のご入力を頂けますと幸いです。
活動が落ち着いてきたら(かなり先になってしまいますが)、記入いただいた連絡先などに活動報告を送付させていただきます。
入力フォームはこちらから

【ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方】
ゆうちょ銀行
記号14760
番号6772101
名称 サイガイエヌジーオーユイ ユイ

【ゆうちょ銀行の口座以外からの方】
ゆうちょ銀行
店名 四七八(読み ヨンナナハチ)
店番 478
普通貯金
口座番号 0677210

 

物資で支援したい!という方はこちら