297月/11

新潟・福島豪雨災害

新潟・福島豪雨 新潟・福島豪雨災害

発災日時:2011.7.26~30

概要:前線が新潟県付近に停滞し、高気圧同士の間に日本列島が挟まれ、同県下越地方西部や中越地方北部に日本海から発達した雨雲が次々と流れ込み、1時間に100ミリ前後の猛烈な雨がほぼ同じ場所で降り続いた。なお、この前日には朝鮮半島でも豪雨の被害が出ている。新潟県・福島県は政府激甚災害指定を要望した

人的被害: 死者4人  行方不明2名  負傷者7人

住宅被害: 全壊18棟  半壊1棟  床上・床下浸水7000棟程

 (抜粋:ウィキペディア)

災害支援活動

活動場所:金山町(西谷、橋立、越川、横田、西部地区)

住宅被害:全壊 23、大規模半壊 33、半壊 29、床下浸水 19

活動日時:2011.8.4~9.2

活動内容:災害ボランティアセンターの運営サポート、現地コーディネート

被害、活動の様子(一部下記に抜粋)はこちらから→災害NGO結のFacebook

※災害を忘れず防災に役立て欲しいと願い写真を投稿させて貰っています。ご了承ください。

IMGP4115 IMGP4121 IMGP4097 IMGP4171 IMGP4247 P118278426_金山町ボラセン IMGP4382 IMGP4149 IMGP4288

被害を受けた金山町では「金山町社会福祉協議会」が中心となり災害ボランティアセンターを立ち上げたのですが、運営に関わるのスタッフの数も少ない事やまた地域には高齢者の方の数が多いと言う事もあり金山町の情報を聞き、長期滞在できる私は災害ボランティアセンターの運営のサポートや現場での調整役をさせて貰いました。 金山町では被害を受けた地域(西谷、橋立、越川、横田、西部地区)に長期活動出来るボランティアの方にお願いし、現場で地域の方との調整役に現地リーダーになってもらいながらリーズーの拾い上げと細かな調整を行い、現場を走り全体の調整を行わさせてもらいました。

※当時の様子を描いたブログはこちら→トム吉ブログ

 (被害状況は金山町役場のHPから抜粋)