nachikatsuura

2011年3月 東日本大震災(仙台市)

東日本大震災で被害を受けた仙台市の宮城野区に入り、災害ボランティアセンターに行き支援活動を開始。
被害の大きかった岡田地区に入り被害状況の把握、サテライトの立ち上げサポート、仕組みづくり、運営をサポートしました。

当時の新聞です。

沖縄県出身で、東北各地で震災復興などのボランティアを続けてきた前原土武さん(33)は、ボランティアセンター運営のサポートにも意欲を見せる。「ボランティアに繰り返し来たいと思うリピーターを増やすことで、ボランティアのレベルも上がり、活動もスムーズになる」と語る。

「がれきの撤去」ではなく、被災者の「思い出探し」と捉えるなど、ボランティアの意識を変える考え方、機材の効率的な使い方など、豊富な経験を生かしたアドバイスで、ボランティアの力を底上げしようとしている。

関連記事

  • 伊豆大島災害支援2013年10月17日 伊豆大島災害支援 2013年10月の大雨土砂災害直後から伊豆大島の災害ボランティアセンターにて活 […]
  • 活動経歴2013年12月31日 活動経歴 活動経歴(2013年) 7月まで昨年の「九州北部豪雨」で被害の大きか […]
  • 活動経歴2012年12月31日 活動経歴 活動経歴(2012年) 現場に少しでも早く入る事が混乱した現場での復 […]
  • 災害支援2014年4月7日 災害支援 日本全国で起こる自然災害 各地での経験を糧に、迅速・的確な支援を 20 […]
  • 2011活動経歴2011年12月30日 2011活動経歴 災害支援の活動経歴(2011年) 3月11日に起きた「東日本大震災」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です